TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

MAIL 無料カウンセリング予約

MAIL 無料カウンセリング予約

メニューを開く

FAGA・薄毛治療薬の効果・副作用・
服用方法・初期脱毛について

ルグゼバイブ

ルグゼバイブは、女性の薄毛を改善するためのサプリメントです。女性用薄毛治療薬として、一般的に使用されているパントガールに、馬プラセンタをはじめとする美容成分をプラスしています。美髪だけでなく美肌効果も期待できるため、多くの女性に支持されているのです。ルグゼバイブに含まれる成分や効果、副作用や服用方法について、詳しく解説いたします。

ルグゼバイブとは

ルグゼバイブは、女性の薄毛治療に使用される薬です。ルグゼバイブの特徴についてみていきましょう。

女性のための薄毛治療薬

ルグゼバイブは、女性のために作られた薄毛治療薬です。薄毛というと、男性の悩みとして認識される方がほとんどですが、ストレスや加齢などの原因から、女性が薄毛を発症するケースも増えています。そのため、現在薄毛は男性特有の悩みではなく、女性にも共通する悩みといえるのです。
これまでの薄毛治療薬は、主に男性の症状に合わせて開発されてきました。代表的な薄毛治療薬は「プロペシア」「フィナステリド」「ザガーロ」です。これらの治療薬は、男性型脱毛症「AGA」を改善するために作られたため、女性には使用することができません。なぜなら、男性と女性では、薄毛になる原因や症状が異なるからです。そのため、女性の薄毛には外用薬や注射による治療しかできず、こういった背景から女性の薄毛にも効果的な内服薬の研究が始まったのです。
女性の薄毛治療薬として、最初に効果や安全性を認められたのが「パントガール」です。パントガールには、頭皮に栄養を届けたり、毛髪の成長を促進したりする作用があります。このパントガールの有効成分に、美容成分を配合したのがルグゼバイブです。ルグゼバイブは、パントガールと同等の薄毛治療効果に加え、スキンケア効果も期待できるため、人気の高まっている薄毛治療薬といえます。

美髪・美肌にもアプローチ

ルグゼバイブは、パントガールの有効成分に、美容成分をプラスした薬です。美容成分には、主に馬プラセンタ・コロストラムなどが挙げられます。特に馬プラセンタには、血流をよくする働きがあるため、髪の毛だけでなく、身体の健康にも深く関わっているのです。また、ハリやツヤのあるお肌に近づけ、ホルモンバランスを整えるなど、女性にとって嬉しい働きも持っています。薄毛治療だけでなく、お肌の調子を整えたい方や、身体の内側からお肌のケアをしたい方にとっては、ルグゼバイブはおすすめの薬といえるでしょう。

女性の脱毛症状について

ルグゼバイブは、女性特有の脱毛症状に効果が期待できます。しかし、女性特有の脱毛症状とは、どのようなものなのでしょうか。治療をはじめる前に、まずは女性の薄毛について、詳しくみていきましょう。

女性に多い「びまん性脱毛症」とは

びまん性脱毛症は、女性の薄毛の中でもっとも多い症状といわれています。びまん性脱毛症の特徴として、年齢に関係なく発症することや、一部分だけが薄くなるのではなく、頭髪が全体的に薄くなることが挙げられます。はじめは髪の毛のボリュームが減り、抜け毛が増えたと感じる程度ですが、症状が進行すると、髪の毛の分け目などから、地肌が透けて見えるようになってしまうのです。また、自覚症状がないまま、症状が進行してはじめて薄毛に気づく方も多くいらっしゃいます。なお、びまん性脱毛症は、男性の脱毛症のように、はっきりとした原因がわかっているわけではありません。加齢・ストレス・ホルモンバランスなどの、様々な要因が重なり合った結果、びまん性脱毛症を発症してしまうのです。そのため、びまん性脱毛症はしっかりと原因を突き止め、適した治療を進めていくことが重要といえます。

びまん性脱毛症の種類について

女性に多いびまん性脱毛症は、主に3つのタイプに分けられます。それぞれ発症する原因が異なるため、ご自身の状態とあわせてご確認ください。

<急性休止期脱毛>
・高熱
・ストレス
・大量の出血
・外科手術
・栄養障害
・ホルモンの変化(ピルの内服・服用中止)
・出産
上記のようなきっかけによって薄毛症状が現れた場合には、急性休止期脱毛の可能性があります。急性休止期脱毛は、太い毛が特に抜けやすく、数ヶ月ほどで急激に頭部全体に抜け毛が生じる脱毛です。なお、原因を取り除くことで、急性休止期脱毛は改善されるといわれています。

<慢性びまん性休止期脱毛>
・栄養障害
・貧血
・ダイエット
・薬剤の影響
・肝臓障害
・腎臓障害
・悪性腫瘍
・膠原病
・甲状腺機能の疾患
・梅毒
上記のようなお身体全体の疾患や栄養不足が原因で起こるのが、慢性びまん性休止期脱毛です。慢性びまん性休止期脱毛は、薄毛の症状が半年以上かけてゆっくりと進行していきます。症状に気づかないうちに、薄毛が進行していることが多いのも、慢性びまん性休止期脱毛の特徴です。

<慢性休止期脱毛>
特定の原因がなく、知らない間に脱毛症状が進んでいる場合、慢性休止期脱毛の可能性があります。特に原因が見当たらず、誰にでも起こる脱毛症状のため、気づいたときには地肌が露出するくらい薄毛が進行していたというケースもあるのです。慢性休止期脱毛の症状が顕著に現れるのは、閉経前後といわれています。

女性には男性用薄毛治療薬を使用できない

男性用の薄毛治療薬には様々な種類がありますが、基本的には女性の薄毛には適応していません。代表的な薄毛治療薬の「プロペシア」「フィナステリド」「ザガーロ」は、女性の服用および触れるのも厳禁とされています。これらの薄毛治療薬は、経皮吸収されるという特徴があり、妊娠中の女性が触れることで、お腹の中の男性胎児の生殖器官への影響が懸念されるのです。また、男性の薄毛と女性の薄毛では、発症の原因や症状が異なるため、男性用の薄毛治療薬を女性が使用することはできません。なお、ミノキシジルの内服薬(タブレット)や外用薬は、プロペシアやザガーロと異なる働きによって薄毛を改善するため、男性にも女性にも使用することが可能です。

内服薬・外用薬はこちら

ルグゼバイブの成分と効果

ルグゼバイブはパントガールと同様、頭皮に栄養を届けたり、毛髪の成長を促したりする効果が期待できます。ルグゼバイブに含まれている成分と、それぞれの成分の持つ効果についてご説明します。

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムには、髪の毛や皮膚、神経組織の働きを正常に保つ作用があります。また、ストレスが原因の抜け毛を抑制する働きもあるため、薄毛に効果が見込まれるのです。代謝を上げて脂肪を溜めにくくするため、健康維持にも役立つと考えられています。

ケラチン

髪の毛の原料となるのがケラチンです。健康的なツヤのある髪の毛に近づけます。また、紫外線ダメージを防ぐ役割もあるため、髪の毛や皮膚を若々しく保つ効果も期待できます。

L-シスチン

L-シスチンは、髪の毛・肌・爪に多く存在するアミノ酸で、代謝を高める効果があります。代謝が上がるとお肌のターンオーバーが整い、コラーゲンが生成されるため、美肌効果も期待できます。

ビタミンB1(チアミン)

ビタミンB1は、糖の代謝を促すことで、エネルギーを産生する効果が期待できます。また、筋肉や神経などにエネルギーを届けるため、疲労回復にも効果が見込まれます。ビタミンB1が不足すると、頭皮環境にも悪影響を及ぼすため、薄毛治療時には積極的に摂取すると良いでしょう。

サッカロマイセス薬用酵母

サッカロマイセス薬用酵母は、髪の毛や頭皮、皮膚、爪などを育成する、たんぱく質やビタミンを多く含んでいる成分です。

コロストラム

コロストラムは、分娩後12〜24時間に搾乳される牛の初乳のことです。免疫ミルクと呼ばれることもあり、病原菌の感染から身体を守る働きがあります。コロストラムは、エイジングケアにも効果的と考えられており、季節の変わり目に感じやすいお肌の不調や、抜け毛を防止します。また、傷んだ髪の毛を再生する効果も見込まれるのです。

馬プラセンタ

馬プラセンタには、血液循環を良くする働きがあるため、髪の毛やお肌だけでなく、全身の健康に良い影響を与えます。ハリ・ツヤのあるお肌に近づけ、女性ホルモンの分泌を促すため、美肌や薄毛に効果的だと考えられています。

女性の薄毛に効果的な栄養素とは

女性が薄毛を発症している場合、あらゆる要素が重なり合っていることが懸念されます。そのため、薬だけの治療効果を期待するのではなく、ご自身でできる薄毛対策も取り入れたほうが良いでしょう。女性の薄毛改善にとって、効果的だと考えられる栄養素を5つご紹介するため、日々の食生活で積極的に取り入れてください。

たんぱく質

たんぱく質は、髪の毛を形成するために重要な役割を担う栄養素です。髪の毛の原料となるたんぱく質が不足すると、健康的で美しい髪の毛が作れなくなります。頭皮環境を整えることや、薄毛治療薬を服用することも重要ですが、髪の毛を作る土台となるたんぱく質の摂取も同じくらい重要です。たんぱく質には、肉や魚などの動物性たんぱく質と、大豆などの植物性たんぱく質の2種類がありますが、どちらもバランスよく食事に取り入れましょう。

イソフラボン

イソフラボンは、女性の薄毛改善をサポートする栄養素です。イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きがあるため、女性の薄毛の原因として考えられている、ホルモンバランスの乱れに働きかけます。ホルモンバランスが乱れると、抜け毛や薄毛の原因となる悪玉の男性ホルモンが増え、健康で美しい髪の毛を育成する女性ホルモンが減少してしまいます。この乱れたホルモンバランスを整えるのが、女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンです。イソフラボンは、主に大豆製品に多く含まれています。納豆・味噌汁・豆腐・豆乳など、身近な大豆製品を取り入れることで、イソフラボンを効率よく摂取できるため、毎日の食生活にプラスしましょう。なお、イソフラボンに含まれるポリフェノールは、抗酸化作用のある成分です。抗酸化作用によって、体内の錆びを防ぎ、老化を防止します。薄毛にも効果が期待できるため、イソフラボンは多角的に女性の薄毛にアプローチできる成分といえるでしょう。

ミネラル

ミネラルは、髪の毛のもととなるたんぱく質の合成をサポートします。また、髪の毛に栄養を運ぶ作用もあるため、薄毛の改善に必要な栄養素といえるのです。ミネラルは、精神的なストレスや、疲労などが原因で体内から失われてしまいます。そのため、積極的に摂取する必要があるのです。ミネラルの中でも、牡蠣・豚のレバーには、薄毛対策のサプリメントでも用いられる亜鉛が多く含まれているため、日頃から意識して食べるようにしてください。

L-システイン

L-システインは、髪の毛の原料となる、たんぱく質のケラチンを作り出す際に必要な成分です。健康的な髪の毛を形成するには、L-システインの摂取も重要といえます。L-システインは、小麦・オートミール・牛肉・羊肉・鮭などの食品に多く含まれるため、日々の食事に取り入れてみましょう。

フコイダン

薄毛には海藻類が効果的だとよくいわれますが、海藻類のネバネバ成分のフコイダンは、毛乳頭細胞の増殖を促進するため、髪の毛に良いと考えられています。健康的な髪の毛を育てていくためには、海藻類も積極的に取り入れましょう。

ルグゼバイブの服用方法

ルグゼバイブは、医師の指示に従い、用法用量を守って服用してください。

ルグゼバイブの飲み方・飲む時間

ルグゼバイブは、1日3回服用いただきます。
朝・昼・夕食時に、1カプセルずつ服用してください。

ルグゼバイブを飲み忘れたら

ルグゼバイブは、3カプセルを1日3回に分けて服用する薬です。飲み忘れたからといって、まとめて飲まないようにしてください。また、1日の摂取目安量を守るようにしましょう。

ルグゼバイブ服用時の注意点

ルグゼバイブは、少量の水で服用してください。水は冷水か常温を選びましょう。また、カプセルを開けたり噛んだりせず、飲み込むようにしてください。

ルグゼバイブの副作用

ルグゼバイブはサプリメントのため、基本的には副作用の報告はほとんどありません。ただし、カフェインが含まれているため、摂取目安量を超えて摂取してしまうと、イライラ・動悸・不眠・神経過敏などが生じる可能性があります。

ルグゼバイブを服用できない人

・12歳以下の子ども
・妊娠中の方
・含有成分にアレルギーのある方
上記の方は、ルグゼバイブを服用いただけない場合があります。あらかじめ医師にお申し出ください。

ルグゼバイブの処方価格

ルグゼバイブ 初回1ヶ月分:5,500円
通常1ヶ月分:8,800円

※価格は税込です

ルグゼバイブの注意点

ルグゼバイブに関する注意点についてお伝えします。

個人輸入の通販サイトは避けてください

ルグゼバイブは、個人輸入の通販サイトでも購入することができます。その場合、一般的な処方価格よりも安いことが多いでしょう。薄毛治療の費用を抑えるために、クリニックへ行かず、ご自身で通販サイトからルグゼバイブを購入される方も多くいらっしゃいます。しかし、個人輸入の通販サイトは、偽物を販売している可能性もあるため、注意が必要です。また、本物のルグゼバイブであっても、コストを抑えるために劣悪な環境で保管されている場合があります。このような状態の薬を服用してしまうと、希望する効果が現れなかったり、重い副作用が現れたりする危険性もあるのです。また、個人輸入の通販サイトを利用すると、何かが起こっても全て自己責任になってしまいます。そのため、安心して薄毛治療をするためには、自己判断で個人輸入の通販サイトからルグゼバイブを購入するのではなく、必ずクリニックを受診するようにしましょう。また、医師の指示に従い、経過をみながら治療を進めていくことが重要です。

最低でも3ヶ月程度は服用しましょう

ルグゼバイブは、髪の毛の育成をサポートするサプリメントです。そのため、服用してすぐに効果が現れるわけではありません。髪の毛は1ヶ月に1cmほど伸びるため、最低でも3ヶ月ほど使用しないと、目に見える効果は現れないでしょう。また、効果の感じ方には個人差があるため、3ヶ月〜半年程度は服用を継続するようにしてください。

その他の女性用薄毛治療薬について

女性の薄毛治療には、ルグゼバイブ以外の治療薬も使用されます。それぞれの治療薬の特徴は下記の通りです。

パントガール

パントガールは、世界で初めて女性の薄毛に効果が認められた治療薬です。パントガールの主成分に、美容成分などを加えたのがルグゼバイブです。ルグゼバイブは、一般的な女性の薄毛治療薬として普及しています。

ミノキシジル

ミノキシジルは、多くの薄毛に悩む患者様に使用されている薬です。男性・女性ともに使うことができます。ミノキシジルには内服薬(タブレット)と外用薬があり、血管を拡張する作用によって、血流を促進します。その結果、髪の毛に栄養を行き渡らせることができ、発毛効果が期待できるのです。なお、ミノキシジルの内服薬は、体内から直接成分を取り入れるため、外用薬よりも効果的だと考えられています。その分、副作用が生じる可能性も高まるため、ルグゼバイブ同様、個人輸入の通販サイトなどで購入するのは避けましょう。心臓に負担のかかる恐れもあるため、必ず医師の診断のもと使用してください。

ルグゼバイブのよくある質問

Qルグゼバイブの効果はいつから実感できますか?

ルグゼバイブは、服用してからすぐに効果を感じることはありません。髪の毛が育つのをサポートする成分のため、髪の毛が育つペースにあわせて効果を感じます。基本的には、髪の毛は1ヶ月に1cmずつ伸びていくため、3cmほど(約3ヶ月)で効果を実感しはじめることが多いでしょう。ただし、効果の感じ方には個人差があるため、最低でも3ヶ月〜半年ほどは服用を続けてください。

Qルグゼバイブの服用をやめたら薄毛が進行しますか?

ルグゼバイブを服用することで薄毛の改善効果がみられても、服用を中止すると抜け毛が増えてしまいます。そのため、自己判断で服用を中止せず、服用を中止しようか迷った際には、医師に相談するようにしましょう。また、男性にも女性にも当てはまりますが、薄毛治療は継続することがもっとも重要だと考えられています。

Qルグゼバイブが効果なしといわれるのはなぜですか?

ルグゼバイブは、服用してから効果を感じるまでに時間のかかる薬です。効果がないといわれる方は、おそらく早い段階で服用を中止されているのでしょう。ルグゼバイブは、最低でも3ヶ月〜半年ほど服用いただくことで、効果を感じはじめることが多いです。そのため、効果をなかなか感じなくても、しばらく様子をみながら服用を続けるようにしてください。

Qルグゼバイブは白髪にも効果的ですか?

ルグゼバイブは、育毛効果だけでなく、白髪を予防する効果も期待できます。他にも、美肌や疲労回復、健康的な爪の維持などにも効果が見込まれるため、スキンケア効果が欲しい方や、健康的なお身体を維持したい方にもおすすめです。

内服薬・外用薬はこちら