TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

MAIL 無料カウンセリング予約

MAIL 無料カウンセリング予約

メニューを開く

AGA・薄毛治療薬の効果・副作用・
服用方法・初期脱毛について

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアは、フィナステリドを主成分とした、AGA・薄毛治療薬です。世界中で使用されている、もっとも一般的なAGA・薄毛治療薬といえます。プロペシアの作用機序や効果・副作用・初期脱毛・飲み方・注意点など、プロペシアについて詳しく解説するため、AGAや薄毛にお悩みの方は、参考にしてください。

プロペシアとは

AGA治療に用いられる「プロペシア」について、詳しく解説いたします。

世界中で使用される薄毛治療薬

プロペシアは、アメリカで開発された薄毛治療薬です。日本では2015年12月より販売が開始されており、世界60ヶ国以上で使用されている実績があります。また、日本の13,000件を超える医療機関でも取り扱われているため、もっともポピュラーなAGA・薄毛治療薬といえるでしょう。

主成分はフィナステリド

プロペシアは、フィナステリドを主成分とした治療薬です。現在は、ジェネリック医薬品の「フィナステリド」も販売されています。フィナステリドは、もともと前立腺肥大症や前立腺がんなどの、男性特有の疾病を治療するために開発されていた成分です。しかし、フィナステリドを投与された患者に、発毛や抜け毛の減少といった効果が現れたため、薄毛治療薬としての開発が進められました。前立腺肥大症や前立腺がんに使用される治療薬よりも、フィナステリドの含有量を減らしたものが、AGA・薄毛治療に使用されるプロペシアです。

前頭部や頭頂部が薄くなるAGAに効果的

プロペシアは、薄毛症状の中でも、前頭部や頭頂部が徐々に薄くなっていく、AGAに対して効果的だと考えられています。薄毛には様々な種類がありますが、原因を見極めて適した治療薬を使用することが重要です。

プロペシアの効果

AGAや薄毛に対し、なぜプロペシアが効果的なのか解説していきます。

5αリダクターゼⅡ型に作用

プロペシアは、AGAの発症に関わる「5αリダクターゼ」に対して作用します。
そもそもAGAは、善玉の男性ホルモン「テストステロン」が、悪玉の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることによって生じます。男性ホルモン「テストステロン」は、男性らしい身体を作るために必要なホルモンですが、還元酵素「5αリダクターゼ」と結合することで、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」になってしまうのです。この「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、脱毛因子の増殖を促すため、抜け毛が増えAGAを発症します。
プロペシアは「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と結合するのを阻害するため、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が作られなくなり、AGAの発症を抑制するのです。また、「5αリダクターゼ」にはⅠ型・Ⅱ型の2種類があり、プロペシアはⅡ型のみに作用します。「5αリダクターゼⅡ型」は、前頭部や頭頂部に多く存在しているため、前髪の生え際のM字部分や、頭頂部の薄毛が目立つ方に適した治療薬と考えられています。

3ヶ月〜半年ほどで効果を感じることが多い

プロペシアは、服用をはじめてすぐに効果を感じるわけではありません。個人差はあるものの、基本的には、服用の3ヶ月後から半年程度で、徐々に抜け毛の減少や薄毛の改善効果を実感していきます。なお、患者様の中には、効果をすぐに感じないからと、自己判断で服用を中止される方がいらっしゃいますが、毎日継続して飲み続けることで効果が現れ始めるため、最低でも3ヶ月〜半年ほどは、プロペシアの服用を続けるようにしてください。

内服薬・外用薬はこちら

プロペシアの飲み方

プロペシアは、1日に1回服用する薬です。飲み方についての注意点をお伝えします。

プロペシアを飲むタイミング・飲む時間について

プロペシアは、1日1回1錠服用していただきます。基本的には、飲むタイミングや時間に決まりはありませんが、ご自身で飲む時間は決めておくほうが良いでしょう。プロペシアは、およそ24時間作用するため、1日目は朝9時に服用し、2日目は夜9時に服用すると、プロペシアの効果が切れる時間ができてしまいます。そのため、毎日同じ時間帯にプロペシアを服用することが重要です。また、日常的にお酒を飲まれる方は、プロペシアを夕食時に服用するのは避けてください。プロペシアは主に肝臓で分解されるため、アルコールと同時に摂取することで、肝臓への負担が大きくなってしまいます。
なお、プロペシアの効果が現れ始めても、2日に一回の服用にしたり、自己判断で服用を中止したりしないでください。プロペシアは服用を続けることで、AGAや薄毛を改善する効果が持続します。

プロペシアを飲み忘れたら

プロペシアを飲み忘れたからといって、一度に2錠服用することは避けましょう。いつも通り、1日1回1錠のペースを守ってください。

プロペシアの副作用

プロペシアは医薬品のため、副作用があります。当院でプロペシアを処方した患者様からは、副作用の報告はほとんどありませんが、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

プロペシアの添付文書

発症率 1〜5%未満 1%未満 頻度不明
過敏症 そう痒症、発疹、蕁麻疹、血管浮腫(口唇・舌・咽喉・顔面腫脹含む)/td>
生殖器 リビドー減退※1 勃起機能不全※1、射精障害注※1、精液量減少 睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少・無精子症・精子運動性低下・精子形態異常等)※2
肝臓 肝機能障害、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

注1) 市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。
注2) 本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。

プロペシアの添付文書に記載されている副作用は上記の通りです。性欲減退が主な副作用として知られていますが、1〜5%ほどの割合のため、発生率はそれほど高くないといえます。

初期脱毛について

プロペシアの服用をはじめて1〜3ヶ月ほど経つと、抜け毛が増えることがあります。これが初期脱毛です。初期脱毛は、乱れたヘアサイクルが正常なヘアサイクルに戻る過程で生じるため、プロペシアの効果が現れている証拠といえます。しかし、大量の抜け毛に驚き「頭髪がスカスカになってしまった」「薄毛が悪化した」と勘違いして、治療を中止してしまう方もいらっしゃるのです。初期脱毛は誰にでも起こる可能性があり、薬が効いていることを現しているため、自己判断でプロペシアの服用を中止せず、きちんと飲み続けましょう。なお、初期脱毛の症状があまりにも不安な方や、長期間初期脱毛が続く場合には、医師にご相談ください。

ザガーロを服用できない人

・未成年
・女性

プロペシアは、未成年や女性には処方ができません。プロペシアの未成年に対する治療効果や安全性は確立されていないのです。また、女性は服用だけでなく、触れることも禁止されています。プロペシアの錠剤を割ると、そこから成分が経皮吸収されてしまうのです。女性が男児を妊娠している場合、プロペシアの成分は皮膚から吸収され、男児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性があります。そのため、特に妊婦と生活をされている方は、プロペシアの取り扱いにはご注意ください。

プロペシアの処方価格

プロペシア 11,300円(1ヶ月分)

※価格は税込です

プロペシアに関する注意点

プロペシアの服用に関して、注意するべきポイントをお伝えします。

個人輸入の通販で購入するのは避けましょう

プロペシアは、医師の診察・処方が必要な薬ですが、個人輸入の通販サイトでは、一般的な処方価格よりも安い値段でプロペシアを購入できる場合があります。しかし、個人輸入サイトで購入できる治療薬は、偽物が含まれている場合があり、期待する効果が得られないばかりか、重篤な副作用が生じる危険性があるのです。
また、日本国内で処方された医薬薬に関しては、「医薬品副作用被害救済制度」が適用され、万が一副作用が生じたとしても、治療費用等が補償される場合があります。個人輸入の通販サイトで治療薬を購入した場合は、この制度が利用できず、全て自己責任となってしまうのです。服用後のリスクを考えると、AGA治療薬は自己判断で購入せず、専門のクリニックで医師の診察を受け、処方してもらうほうが賢明です。

プロペシア服用中に献血はできません

プロペシアを服用中の方は、血液中にプロペシアの主成分である、フィナステリドが溶け込んでいる状態のため、献血ができません。フィナステリドは、特定の献血を受けられる方にとって、悪影響が懸念される成分と考えられているのです。なお、プロペシアの成分は、1ヶ月程度で体内から抜けていくため、献血のご予定がある場合は、1ヶ月前からプロペシアの服用を中止しましょう。

服用後すぐに効果が現れるわけではありません

プロペシアは、服用後すぐに効果の現れる治療薬ではありません。服用から3ヶ月〜半年ほどで効果を感じ始めることがほとんどです。そのため、効果を実感できないからといって、早い段階で服用を中止するのは避けましょう。プロペシアは、飲み続けることでほとんどの患者様に、抜け毛の抑制効果が現れているため、継続して服用することが重要といえます。なお、プロペシアの効果に関して不安に感じていらっしゃる場合は、お気軽に医師にご相談ください。

その他のAGA治療薬について

AGA・薄毛治療には、プロペシア以外の治療薬が用いられる場合があります。主に使用されるAGA治療薬についてご紹介します。

フィナステリド

フィナステリドは、プロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシアと同様、5αリダクターゼⅡ型に作用します。ジェネリック医薬品のため、主成分などは変わらず、効果の差もほとんどありません。AGA治療にかかる費用を抑えたい方におすすめです。

ザガーロ

ザガーロは、カプセルタイプのAGA治療薬です。プロペシアの次に開発されたAGA治療薬で、5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型の両方に効果が期待できます。2つのタイプの5αリダクターゼに作用するため、より多くの患者様に効果的だと考えられています。

ミノキシジル

ミノキシジルには、飲み薬と塗り薬タイプがあります。基本的には他のAGA治療薬と同時に使用します。ミノキシジルは血流を良くする作用があるため、髪の毛に栄養を届けることができ、発毛を促進するのです。
なお、ミノキシジルの内服薬は、血液から直接成分を届けることができるため、外用薬よりも効果的だと考えられています。その分、副作用のリスクも懸念されるため、医師による適切な診断の上使用されます。

プロペシアのよくある質問

Qプロペシアだけで十分な効果を感じられますか?

プロペシアには、抜け毛を抑制する効果が期待できます。もちろん、プロペシアのみでも治療効果は感じられますが、内服薬や外用薬のミノキシジルを併用することで、より高い治療効果が期待できるでしょう。ミノキシジルは、血流を良くする効果のある薬のため、発毛を促進する効果が見込まれます。抜け毛を抑えるプロペシア(内服薬)と、発毛を促進するミノキシジル(内服薬・外用薬)を同時に用いることで、より効果的な治療ができると考えられています。

Qプロペシアを服用中に子作り(妊活)しても問題ないですか?

プロペシアを服用しているからといって、子作りができないわけではありません。プロペシアの服用によって、精子や精液に異常が出る可能性はほとんどないため、過度な心配は必要ないでしょう。ただし、妊婦がプロペシアに触れるのは厳禁のため、妊娠の可能性がある場合は、取り扱いに十分ご注意ください。

Q妊娠中の女性がプロペシアに触れても大丈夫ですか?

妊娠中の女性は、プロペシアに触れないようにしてください。プロペシアはコーティングされているため、基本的な取り扱いでは問題ありませんが、割れないよう注意しましょう。割れた部分から、プロペシアの成分が経皮吸収されてしまいます。プロペシアの成分は、男児の生殖器官の発育に悪影響を及ぼす危険性があるため、妊娠中の女性と暮らしている方は、プロペシアの取り扱いに注意してください。

Qプロペシアが効かないことはありますか?

プロペシアは、AGA発祥の原因である「5αリダクターゼⅡ型」に作用します。そのため、患者様の頭部に「5αリダクターゼⅠ型」が多い場合は、プロペシアの効果はほとんど期待できないでしょう。その場合には、5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型どちらにも効果が期待できる、ザガーロを処方することがあります。なお、プロペシアは効果を感じるまでに3ヶ月〜半年ほどかかるため、最低でもその期間はプロペシアを使用し、その後効果がみられなければ、医師と相談の上、治療薬の変更等を進めていきます。

Qプロペシアの0.2mgと1mgは何が違いますか?

プロペシアの0.2mgと1mgは、含まれている有効成分の量が異なります。1mgのほうがより効果が高いと考えられており、0.2mgと価格の差がないため、基本的には1mgのプロペシアを処方するクリニックがほとんどです。

Qプロペシアは保険適用されますか?

プロペシアの処方は、保険が適用されません。AGA治療は審美的な治療となるため、保険が適用されないのです。あらかじめご了承ください。

Qプロペシアに注意するべき飲みあわせはありますか?

プロペシアには、特に注意するべき飲みあわせはありません。ただし、アルコールと同時に摂取することで、肝臓に大きな負担がかかってしまうため、飲酒時に服用するのは避けましょう。日常的にアルコールを摂取される方は、プロペシアを朝や昼に服用するようにしてください。

Qプロペシアの服用が原因で奇形児が生まれた事例はありますか?

プロペシアの服用によって、奇形児が生まれたという事例は報告されていません。子作りも問題なくしていただけますので、過度なご心配は必要ないでしょう。ただし、妊婦がプロペシアに触れると、お腹の中の男児の生殖器官の発育に影響が出る可能性があるため、取り扱いには十分ご注意ください。

Qポストフィナステリド症候群とは何ですか?

ポストフィナステリド症候群は、プロペシア(フィナステリド)の服用を中止しても、副作用の症状が継続される状態のことです。発症の原因などは解明されておらず、有効な治療方法もわかっていません。ポストフィナステリド症候群に関して、ご不明点やご不安な点がある場合は、お気軽に医師にご相談ください。

内服薬・外用薬はこちら