TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

MAIL 無料カウンセリング予約

MAIL 無料カウンセリング予約

メニューを開く

ワキ脱毛の基礎知識!施術時間は?痛みは?メリットやリスクも紹介!

[2020年12月23日]

執筆医師情報

山崎修吾 院長

    【経歴】
  • 2012年 獨協医科大学埼玉医療センター(獨協越谷病院)勤務
  • 2014年 大手美容外科 入職
  • 2016年 大手スキンクリニック 横浜院 院長
  • 2017年 大手スキンクリニック 上野院 院長
  • 2019年 東京形成美容外科 副院長
  • ドクター紹介はこちら

ワキ脱毛とは?施術時間や痛みはどのくらい?

ワキ脱毛とは、両脇に生えているムダ毛を綺麗にすることをいいます。脱毛の種類は大きく分けて2つ。医療機関で行う医療脱毛と、エステサロンや脱毛サロンで受ける光脱毛に分けられます。光脱毛はエステ脱毛ともいいますね。

エステ脱毛は資格の無い人でも行うことができますが、医療脱毛は医療機関に勤める有資格者しか施術を行えません。仮に脱毛による肌トラブルが起こった時も、薬を処方するなどの対応ができるのが医療脱毛の特徴です。

そして、医療脱毛とエステ脱毛の最大の違いは、施術に使用する脱毛器のパワーが異なるということ。医療脱毛は、エステ脱毛に比べて照射パワーが強いので、どうしても痛みを感じてしまうケースも出てしまいますが、施術回数を少なくできるメリットもあります。

医療脱毛とエステ脱毛の違いがわかったところで、次にワキの医療脱毛をする際の施術時間や痛み、施術中の恰好についてご説明します。

ワキ脱毛の施術時間はこのくらい!

ワキ脱毛に関わらず、各所の脱毛にかかる時間は、どの脱毛方法を選ぶかということと、施術を受ける人の肌の状態や毛量によって前後するものですが、医療機関でワキ脱毛を行った場合、初回はカウンセリングを含めて1時間~1.5時間程度、2回目以降は、およそ15分から30分程度で終了することが多いでしょう。ワキは広範囲ではないので、施術時間はそれほどかからないケースがほとんどです。ただし痛みに弱い方が麻酔を使って脱毛する場合は、1回の施術に対して、全体で1時間~1.5時間程度は見ておいてくださいね。

ワキ脱毛は痛い?

ワキ脱毛は、他の部位の脱毛に比べて痛みを感じやすいと言われています。これは、ワキの毛が太くて濃いことや、皮膚のデリケートさが原因ですが、そのワキ部分の痛みの感じ方にも個人差があります。多くの人は、レーザーを照射した際に「輪ゴムでパチっと弾かれたような痛み」を感じるようです。医療レーザー脱毛は、メラニンに色素にレーザーを反応させて毛根を壊す施術なので、毛が濃く太い人は痛みを感じやすい傾向にあります。ただ当院のレーザー脱毛は、毛根ではなく発毛因子を出す「バルジ」を対象とする、比較的痛みを感じにくい脱毛であることと、痛みが気になる人に対して「リラックスガス麻酔」も用意しているので、気になる方はカウンセリングの際に医師にお尋ねください。

ワキ脱毛をする時の恰好について

ワキ脱毛時の恰好についてですが、施術の前にクリニックで着替えることができるので、基本的にはどんな恰好でも大丈夫です。ただ、施術部位が露出していればそのまま受けられるケースもあるので、春夏など暖かい時期の場合は、ノースリーブの洋服などをオススメします。また、逆に秋冬の気温の低い時期は、長袖の洋服の下に薄手のキャミソールを着ていると、長袖を脱ぐだけで施術が受けられるので、キャミソールを着用してくると良いでしょう。ただ、クリニックによっては服装の指示、施術着への着替えを求められることがあるので、クリニックに施術着の用意があるかどうかも含めて、事前に確認しておくと安心です。

ワキ脱毛のメリット・リスク

ワキ脱毛にはどんなメリットやリスクがあるのでしょうか。詳しく解説していきます!

ワキ脱毛にはこんなメリットが!

・自己処理に時間をとられることが少なくなる
・ワキの黒ずみやブツブツ・ざらざらを防げる
・ワキの匂いを気にすることが少なくなる
・いつでもワキがつるつるなので気分がいい!
・ワキが見える服を着ても堂々と腕を上げられる
・夏のオシャレを楽しめる

このようにワキ脱毛にはたくさんのメリットがあります。 なんといっても自己処理のストレスが軽減されるのはとっても嬉しいですよね。

ワキを脱毛せずにムダ毛の自己処理を続けていると、カミソリで肌を傷つけてしまう危険性があります。場合によっては、その刺激が原因でワキの黒ずみやブツブツが出る原因になることも…。

しかし、ワキ脱毛をすれば自己処理自体が軽減されるので、肌を傷つけることなく、つるつるのワキを手に入れられる可能性も高まります!

ワキが綺麗になればムダ毛を気にすることもなくなるため、夏場におしゃれを楽しめるようになるのも大きなメリットだと言えますね。

施術前に覚えておきたいワキ脱毛のリスク

・脱毛による肌トラブルを招く可能性がある
・脇汗が増えたように感じる
・施術に費用が掛かる
・施術に複数回通う必要があり時間も必要

一見メリットが多そうなワキ脱毛ですが、リスクがあることも把握しておかなければなりません。ワキを脱毛する際、レーザー脱毛器を当てることで、肌トラブルを招く可能性もあります。

具体的には、ワキ部分の赤みやヤケド、ニキビ、毛嚢炎(もうのうえん/皮膚の毛根を包んでいる部分が炎症すること)などです。特に、脱毛後にニキビのようなできものが見えた場合は、毛嚢炎の可能性もあるので注意が必要になります。少しでも肌に異変を感じた際は、すぐに施術を受けたクリニックに相談し、適切な処置を受けましょう。

また、ワキ毛が無くなることにより、脇汗を直で感じたり服に染みたりしやすくなります。逆に汗ケアがしやすくなるというメリットとも言えますが、汗に対する気遣いが必要になる可能性が出てきます。

そしてワキ脱毛自体に費用がかかりますし、脱毛の為に複数回クリニックなどに通うことになります。また、連続して通えるわけではなく、間隔を空ける必要がありますので、その回数に応じた期間も必要になります。

ワキ脱毛の回数と期間は?

医療脱毛でワキを脱毛する場合、個人差はどうしても出てくるので明確に言えないのですが、必要な回数の目安はだいたい5~6回くらいです。

ちなみにエステ脱毛の場合、12回ほどが目安になります。医療脱毛とエステ脱毛では使用する脱毛器が違うため、照射するパワーも医療脱毛の方が強いのが特徴です。照射パワーが強い分、エステ脱毛より医療脱毛のほうが短い期間で脱毛が完了します。

ワキ脱毛が4回程度で済む方法もある!

前述までで、医療脱毛だとワキ部分でだいたい5~6回程度は必要になるとお伝えしましたが、当クリニックで導入している最新の脱毛機器、「メディオスターnext」なら、個人差はありますが、たった4回程度で脱毛を完了させることもできます。できる限り短い期間で脱毛を完了させたい!という方におすすめです。

「メディオスターnext」は、毛を生やすために必要な「発毛因子」を出すバルジに対して施術するため、従来の医療脱毛より少ない回数で脱毛効果を得られます。また、施術間隔も、通常であれば毛の成長サイクルにあわせた、約2~3ヵ月間隔での施術になりますが、この方法であれば、約1ヵ月と短くすることができます。ですので、従来の方法であれば、6回施術した場合、1年程度は見ておかないといけませんが、「メディオスターnext」を使用した方法であれば、単純計算でいくと4ヵ月程度で脱毛することができるのです。

ただし、人によって必要回数などが異なることがありますので、詳しい回数に関しては、カウンセリングの際に直接医師にお尋ねください。

ワキ脱毛がお試しで500円!

「最新の脱毛器での脱毛は気になるけれど本当に効果はあるの?」と思う方は、ぜひ一度お試し体験をしてはいかがでしょう。なんと、お試し価格はたったの500円!こんなに安い金額でワキ脱毛を受けられるのは魅力的ですよね。ワキ脱毛を1回で完了することはできませんが、1回だけでも脱毛効果を実感できることもあるので、気になる方は、一度体験してみて施術を実感してから始めるのも良いと思いますよ。

まとめ

ワキ脱毛は、医療機関やエステサロンで受けることができますが、少ない回数で確実に効果を実感したいなら医療機関で行っている医療脱毛が良さそうです。

ここでお伝えしたとおり、色々とメリットの多いワキ脱毛ですが、レーザーを照射することによってニキビや毛嚢炎などの肌トラブルを起こす可能性もあります。しっかり内容を確認してから始めるようにしてくださいね。