TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

TEL 0120-03-2784
無料相談 10:00-19:00(年中無休)

MAIL 無料カウンセリング予約

MAIL 無料カウンセリング予約

メニューを開く

【医療脱毛】5回で終わらない…を回避するためには

[2022年2月14日]  女性脱毛男性脱毛脱毛

■医療脱毛が終わらないとは?本当に「5回」が適切なのか

医療脱毛コースでは多くのクリニックで5回という回数で設定されているため、5回受ければ脱毛完了、というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

高出力のレーザー照射により脱毛をしていくとはいえ、医療脱毛でも効果には個人差があります。そのため、必ずしも誰もが5回で脱毛完了、というわけではありません。

個人差がでやすい施術であると同時に、患者様自身が求める脱毛レベルでも必要な施術回数や期間が変わってきます。そのため、5回コースを契約したが、終わらなかった…といったギャップも生じやすいのでしょう。

では、医療脱毛を受ける際、がっかりしないためにも、どんなことに気を付けていけばいいのか確認していきましょう。

■医療脱毛は何回通うのが理想?理想の肌状態を決めておく

〇自己処理がラクになる程度なら5回

医療脱毛を受ける前に、自身でゴールを設定しておくといいですね。毛量を減らし、自己処理がとてもラクになる程度でいい、といった方は5回~8回の施術が望ましいでしょう。

もちろんこちらの回数にも個人差があり、例えばワキなど毛が濃くしっかりした部位ですと、レーザー照射の効果も出やすいため、5回も受けずに満足される方もいらっしゃいます。

肌色のトーンアップ効果やお化粧ノリが良くなる、と人気の顔脱毛では、産毛のような毛が多い部位であるため回数を重ねる必要がありますが、それでも5回程でほとんど自己処理は必要なくなるでしょう。

〇産毛もないツルツル肌を目指すなら8回∼10回

完全に産毛もなく、ツルツルな状態にしたい場合は、5回では終わらないケースがほとんどです。約8回∼10回の施術が必要になります。このくらいの回数で、期間は大体1年半となります。

エステサロンでツルツルな状態まで施術を受けようとすると、約18回、期間にして約2年と言われているため、医療脱毛では短期間で脱毛完了することができます。

■都度払いという選択肢も

現在は多数のクリニックや美容サロンで脱毛を行っており、クリニックによっても5回や8回など、様々なコースが用意されていますね。

ですが医療脱毛は、脱毛部位や理想とする毛量、毛質や肌質によって個人差がでやすい施術となります。

いきなりコース契約を組むことに不安を感じる方や、すでにクリニックで脱毛を受けコースを終了したが、また生えてきてしまった…といった方には「都度払い」ができるクリニックを選ぶことをおすすめします。

医療脱毛を受けることが初めてであるため、自分に適したコース設定がわからない、高額なコース契約を組むことに抵抗がある方や、あと数回だけ脱毛を受けたい、といったお悩みも都度払い制度があると安心して施術を受けることができるでしょう。

クリニックで5回等のコースで契約したが、毛がまだ生えてくるため追加の料金が発生し、予算金額をオーバーしてしまった…といったことも、都度払いではありません。何回で終わるか明確にわからない医療脱毛こそ、都度払いですと脱毛プランもたてやすくなります。

医療レーザー脱毛(女性)はこちら

■医療脱毛をより効果的に受ける方法

〇毛には毛周期があることを理解しておく

実は医療脱毛を効率よく、効果的に行うためには、毛の「毛周期」があることを理解しておくといいでしょう。

毛周期とは「成長初期→成長後期→退行期→休止期」の4段階サイクルを繰り返す、毛の生え変わる周期を指します。髪の毛が自然と抜け落ちるのは、成長期を終えた毛が休止期に入るためです。

医療用レーザーが反応するのは成長期の毛だけとなり、退行期・休止期の毛にはほぼ効果が無い、ということになります。

また、脱毛効果の得られる成長期の毛は、全体の20%程度。一度の照射で最大20%ぶんしか脱毛効果を発揮しません。そのため、20%を5回ぶんすることで、100%。これが、多くのクリニックが5回コースに設定している理由です。

では「成長期の毛」の状態の見分け方はあるのでしょうか。毛周期は1本1本違うため、すべての毛が成長期である時期はありませんが、「ムダ毛がしっかり生えてきて、毛量もある程度ある」状態が、医療脱毛を受けるベストなタイミングと言えます。間隔としては2∼3ヶ月に一度になります。

従来の脱毛機ではこのように毛周期を意識することで脱毛効率をあげることが可能であり、一定期間を空けながらレーザー照射を行う必要がありましたが、毛のクリニックで使用する最新機器「ソプラノチタニウム」では、毛周期を気にする必要がありません。

「ソプラノチタニウム」は毛根の黒色に反応するのではなく、毛根よりも表皮に近く比較的浅い部分にある、発毛の司令塔である発毛因子「バルジ領域」に蓄熱してダメージを与え破壊します。

このバルジ領域は毛周期とは関係がなく、1ヶ月に1回照射できるため、毛のクリニックの医療脱毛では短期間で脱毛を完了することができます。

〇自己処理で毛抜きは使用しない!

医療脱毛は、毛根やその周辺の組織を破壊することで、脱毛効果が表れるものです。毛抜きなどにより無理やり毛を引っ張りだしてしまうと、毛根まで抜いてしまいます。レーザー照射が反応しにくくなり、脱毛効果が表れなくなってしまいます。

まとめ

脱毛は一度で完了することはありません。毛周期に合わせてレーザー照射を重ねていくことで、脱毛効果が得られます。しかし脱毛部位や毛質、使用機器によっても個人差がでやすい施術でもあります。

現在は都度払いができる医療脱毛を選択する方が増えています。コース契約をしないため、気軽に医療脱毛を受けられ、脱毛プランも立てやすく安心できます。

自己処理が必要ない程度に脱毛するためには、5回以上は必要となることがほとんどであることをふまえて、まずは自身の目指す脱毛レベルを設定し、自分に合ったクリニックを探すと良いでしょう。

医療レーザー脱毛(女性)はこちら

執筆医師情報

山崎修吾 院長

    【経歴】
  • 2012年 獨協医科大学埼玉医療センター(獨協越谷病院)勤務
  • 2014年 大手美容外科 入職
  • 2016年 大手スキンクリニック 横浜院 院長
  • 2017年 大手スキンクリニック 上野院 院長
  • 2019年 東京形成美容外科 副院長
  • ドクター紹介はこちら